湘南電力株式会社

湘南電力株式会社

パートナー企業と共に、電力事業を通して湘南地域を活性化させる様々なサービスを生み出し、湘南地域での環境にやさしい再生可能エネルギーの普及や、電力の地産地消を展開していきます。

湘南電力サイト http://www.shonan-power.co.jp

供給エリア 神奈川県
小売供給の開始時期 高圧:2015年6月低圧(事業所など):2016年10月

低圧(家庭):2016年10月

事業対象(販売先) 企業、自治体、学校法人等
電源構成 FIT電気(バイオマス)7.0%
FIT電気(太陽光)4.2%
FIT電気(その他)1.6%
再エネ7.8%
JPEXその他79.4%
〈2018年度実績〉
FIT電気(バイオマス)5.8%
FIT電気(太陽光)7.9%
FIT電気(その他)4.0%
再エネ5.8%
JPEXその他76.5%
〈2020年度計画〉
電源の調達先(補足) 市民電力からの調達: 太陽光について、一部調達あり一般家庭の太陽光(余剰)買取:調達無し
再エネ供給能力の見込み 2016年度は、FIT電気(太陽光および水力)の供給見込みが51%
電源構成などの開示・表示方法 オフィシャルサイトにて開示(2015年度の実績については、6月中旬に開示予定。2016年度の見込みについては開示済)電源情報:http://shonan-power.co.jp/power_supply.html
会社情報 本社所在地:神奈川県小田原市扇町1丁目30番13号設立年月日:2014年9月

代表者名:取締役社長 原 正樹

資本金:2,500万円

現在の事業内容:電力小売事業

小売電気事業者登録:A0177 (平成28年2月23日登録)

お問合せ URL:http://www.shonan-power.co.jpTEL:050-2018-7795

Email:info@shonan-power.co.jp

湘南電力株式会社 代表取締役 原正樹氏

●電力小売事業を始めたきっかけはなんでしょうか?

2011年東日本大震災以降、神奈川県西部を中心に自立分散型エネルギー社会の在り方が議論されてきました。「地産」による再生可能エネルギーが普及する一方で、それを地域内で消費する「地消」を担うべく誕生したのが湘南電力です。

脱炭素を目指す再エネ循環、それを地元資本の会社で回していく経済循環・そしてまちづくり会社として地域をつなぐコミュニケーションの循環。電力の地産地消を通じてこれら3つのアプローチにより、持続可能な循環型社会の構築に取組んでいます。

●貴社の事業対象やエリアの特徴はなんでしょうか?

神奈川県内の庁舎・小中学校などの自治体施設のほか、湘南ベルマーレのホームタウンエリア(神奈川県内9市11町)を中心とした企業や一般ご家庭に電力を供給しています。

湘南エリアは、海・山をはじめ自然豊かな暮らしやすい環境でありながら、都心部ともアクセスがよく、また、小田原や鎌倉を代表するように歴史文化が溢れる、魅力的な地域です。

●もっとも苦労している(した)ことはなんでしょうか?

スタートアップ企業ですので、認知度を向上させるのには苦労しました。また、生活に欠かせない電力を扱うだけに、信頼も伴っていなければなりません。老舗の地元ガス会社を経営の母体とし、さらに行政とも積極的に連携することで安心感の醸成に努めています。

また、1~2年目の相対電源比率が低い時期においては、電力市場における価格の乱高下に経営が翻弄され、悩まされました。現在でこそ、市場予想に対応する手当もできるようになりましたが・・・日本の新しい分散型電力供給システムを確立するためにも、博打を打つような市場の現状を是正できる制度設計が望まれます。

●将来のビジョンを教えてください。

我々は、単なる電力小売り事業ではなく、エネルギーをまちづくりのひとつの手段と考えています。湘南電力を選び、地域エネルギーを使うことが社会貢献に繋がる。そしてそれが、お客さまにとっての誇りとなる。そんな心の通い合ったまちづくりの役割を担ってゆきたいと考えています。

(2020年6月)