有限会社MOONSOAPもパワーシフト!

有限会社MOONSOAP : http://www.moonsoap.com

選んだ電力会社 ………… グリーンピープルズパワー(2017年8月~)

事業所: スキンケア商品、バスソルト、香水、ヘアオイル等の工房(東京都世田谷区)(低圧)

その電力会社を選んだわけ: 電力会社の切替え先について迷っているときに、弊社のお得意様である美容師さんから薦めていただきました。同社の社長みずから弊社を訪ねてくださり、難しいと言われる深夜電力からの切替えに対していろいろな提案をしてくださり、スムーズに運んだことが大きいです。

パワーシフトにつながる貴社の取り組みやビジョンを教えてください。:

創業当初から、簡易包装・パッケージレスへの取り組みなど、少しでも環境負荷の低い商品をお届けできるよう心がけてきました。石けん作りはコールドプロセスという熱を使わない製法を取り入れています。熱を加える替わりに時間をかけるエネルギーレスな方法で、石けんを作ります。ですが、主力商品(石けん、クリーム、バームなど)の製造工程や器具の洗浄には、どうしてもお湯が必要です。原発事故のドキュメンタリー上映会などに参加する中で「エネルギーも原材料の一部」という気づきが生まれ、工房で使う電気という「原料」にも配慮するのが作り手の責任と感じるようになりました。製品に対して環境負荷がないとは言えませんが、再エネ中心の電気を使う工房から、お客様にさらに使いごこちの良い商品をお届けできるよう、今後も出来る範囲で努力したいと思っております。

ほかに、エネルギーシフトのためにしている取り組みがあれば教えてください。:

スマートフォンやパソコンなど、目を使う電子機器が手放せない時代ですが、ときにはキャンドルを灯して、目を休ませて夜を過ごすのはいかがでしょう。弊社ではボタニカルカクテルキャンドルやビオパフューム、バスルームでくつろぐアロマバスソルトなど様々な心地よいときを紡ぐ製品を作っています。最近は、情報を常に取り入れていなくてもいいのではないかと思い始めています。電気を消して、新月の夜、あるいは月光浴しながら、心身をリラックスさせて過ごせるような製品や使い方を提案していきたいです。

パワーシフト・キャンペーンに一言!

電力会社を切替えたい人は、たくさんいるはずなのに、惰性で替えずに同じまま生活している人が多いと思います。「どうやれば簡単に電力会社をスイッチできるか」を、もっともっと周知してくださるよう、応援しています。それから、マーケットで売られる数々の商品が文明の「果実」とすれば、「土」の部分に当たる電気がどのように作られ、コンセントまで届くかを、小学校の理科・社会で教えないことも、おかしいと思います。自分の子どもたちに分かりやすく伝えたいので、どうやればいいか、パワーシフトキャンペーン自身のメディアによる情報発信にも、期待しています。