電力会社紹介(旧)

自然エネルギー供給をめざすパワーシフトな電力会社

2016年4月から電力小売が全面自由化し、続々と新しい電力会社が生まれています。これらの中には、自然エネルギーを中心とした電力の供給を目指す会社もあります。
パワーシフト・キャンペーンでは、下記の「5つの重視する点」の方向を目指している電力会社を紹介しています。
ぜひ電力会社を選ぶ際の参考にして頂き、こうした電力会社を応援することで電力のパワーシフトを後押ししましょう!

今後もヒアリング調査を継続し、より多くの「パワーシフトな電力会社」を発掘・紹介していきます。

パワーシフト・キャンペーンが重視する点(評価基準)

     1. 電源構成や環境負荷、などの情報を一般消費者にわかりやすく開示していること 
     2. 再生可能エネルギーの発電設備(FITをふくむ)からの調達を中心とすること
     3.原子力発電所や石炭火力発電所からの調達はしないこと(常時バックアップ分は除く)
     4. 地域や市民による再生可能エネルギー発電設備を重視している
     5. 大手電力会社と資本関係がないこと

    *再生可能エネルギーの調達にあたっては、大規模な生態系や自然環境・景観の破壊が行われておらず、
       持続可能性への配慮を十分に行っている発電所からの調達であること、
       あわせて地域(当該および周辺の自治体や住民)のおおかたの合意を得ていることを前提とします。
以下のような調達は望ましくないと考えています。
    
・持続可能でない燃料を輸入する木質バイオマス発電
    
・大規模な森林伐採や土地改変をともなう太陽光発電
    
・生態系や周辺住民の健康への影響に配慮しない風力発電     など

パワーシフトな電力会社一覧

 

電力会社一覧PDF版>>>電力会社一覧(2ページ) ※3/26 更新!

※供給エリアの「関東」は東京電力管内、「東北」は東北電力管内、その他も同様に各電力管内です。

[table “choice” not found /]

 

<経済産業省の登録小売電気事業者一覧>
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/summary/retailers_list/

※なお、各電力会社の「5つの重視する点」の達成状況評価は、今後の課題です。
 今後各社が事業を具体的に開始後に、なるべく早く実施すべく、運営委員会で協議しています。
※パワーシフト・キャンペーンでの紹介にあたって、「掲載料」はいただいていません。あくまで市民キャンペーンとして電力会社の姿勢を評価しています。

こうした「パワーシフトな電力会社」の多くは、資本力や宣伝力で大手と圧倒的な差もあり、また様々な制度上のハードルがあって、運営が厳しい状況にあるということも見えてきています。
ぜひみなさまの「自然エネルギーを買いたい!」という声を発信することで、こうした電力会社の取り組みを応援し、一日も早い一般家庭への供給実現を後押ししましょう!

パワーシフト実現へ、一人ひとりができる応援方法パワーシフト宣言(自然エネルギー買いたい宣言)にご協力お願いします!