4月を目前に・・具体的に電力会社切り替えを考えている方も多いかと思います。

パワーシフト・キャンペーンでは、自然エネルギー供給を重視する供給を目指す電力会社を、
こちらで紹介しています。(http://power-shift.org/choice

でも、お住まいの地域によって、申し込み開始までもう少し時間がかかる・・ということも多いかと思います。
その場合は、「次善の」電力会社を検討し、数ヶ月たってからあらためてパワーシフトな電力会社への乗り換えを検討することも一つの選択です。

では、どうやって選べばよいでしょうか?
パワーシフト・キャンペーンでチェックリストをつくりました。
あなたの地域の電力会社をチェックしてみましょう。   PDFはこちら Powershift_checklist

●どんな電気か(環境や地域への配慮)チェック!

check

項目

理由

 

どんな発電方法(電源)でつくられ、割合はどうなっているかな?

食べ物や着るものと同じように、買う商品の材料を知って、環境負荷が少ない電力を選び、消費者の意志を伝えよう。

 

地域や市民の発電施設を重視しているかな?

大資本ではなく、地域の企業や自治体、市民などが主体で行う、持続可能性に配慮した発電施設からの電力を選ぼう。

★アクション:情報が公開されていない時は電力会社にきいてみよう。

●どんな電力会社かチェック!

 

原子力発電や石炭火力が主な電源の商品を扱っていない会社かな?

環境汚染や核廃棄物の処理など、対策がきちんととられていない(とれない)電力を売る電力会社は選ばないようにしよう。

 

石炭火力発電所の建設を計画していない、または出資していない会社かな?

高効率でもCO2排出量がとても多い石炭火力発電、大気汚染や採掘地の環境破壊も深刻。CO2排出量が増えれば、原発再稼働の弾みとなることも懸念される。

 

その会社自身や、親会社、子会社(資本関係にある会社)が、原子力発電や石炭火力関連の事業を行っていないかな?

電気料金を通じて間接的に、原発や石炭火力関連事業の応援につながってしまう。

 

地域の事業者や自治体が連携しているかな?

エネルギーの地産地消や産消連携に取り組む小売会社を応援しよう。

★アクション:「石炭火力発電所の新設は不要、計画から撤退を」「原発の電気は将来的にも使わないで」の声も伝えよう。

●消費者にやさしい情報提供をしているか(消費者保護)チェック!

 

契約期間の縛りがある場合は、分かりやすく説明されているかな?

消費者保護の基本。

 

途中解約時の違約金など、多額の料金が発生しないかな?

思いがけず高額な違約金がかかる場合は要注意。

 

省エネするとお得な電気料金体系になっているかな?
 (たくさん使うほど料金が高くなる3段階料金制など)

「おトク」ばかりをアピールする電力会社は、電気の無駄遣いを促してしまう。

 

電源構成(発電方法やその割合)がわかりやすく表示されている?(ウェブサイトやパンフレットに見やすく書いてあるかな?)

消費者保護の基本。

 

業務の提携先(電力の仕入先やバランシンググループなど)についての情報がわかりやすく提供されている?

現状では、新しい電力小売会社の多くは、東京電力などの旧・一般電気事業者と提携したり、代理店として営業している。確認してみよう。

★アクション:情報が公開されていない時は電力会社にきいてみよう。

同時に、「自然エネルギー買いたい」声をパワーシフト宣言で!まだの方は ⇒http://power-shift.org/declaration