【パワーシフトな学校】楠学園

楠学園

楠学園HP:http://primary.naturalstance.jp/index2.html

(鹿児島県姶良市のフリースクール)

選んだ電力会社 太陽ガス (時期:2016年12月から)
切り替えた事業所 本校舎および学園寮
電気の選考基準 企業理念に賛同できること、対話のできる企業であること

●貴学園がパワーシフトに踏み切った理由をお聞かせください。

  既存大手の電力会社の姿勢に疑問を持っていました。特に原子力に関して当時は理想的な高効率のエネルギーであると認識されており積極的に取り入れたまでは賛同できますが、問題があると分かった時点で検討し直すのがあたりまえではないかという想いはぬぐえません。大手であれ個人であれ、自らに恥じない行動を取りたいと考え、できる行動を取ったまでです。

●現在、パワーシフトを実現するためにどのような取組みをしていますか?

下記のような取り組みをしています。

・電力会社の切り替え
・市民発電会社への場所(屋根)提供
・自家用の小規模太陽光発電
・白熱灯と蛍光灯からLED電球への切り替え
・「夜は暗いもの」という認識ですごす
・ストーブによる学校給食調理および自炊
・冬期の暖を薪ストーブにて取る
・その他、野外炊飯などの自然体験を積むことにより自然の力の偉大さを感じ自然と共に生きる在り方を模索しています。

●今後さらにパワーシフトを進めるため、どんな取組みを考えていますか?

 太陽光発電のメンテナンスを自力でできるよう、小規模なものを個人でつくるなどして理解を深めていきたいと考えています。

●パワーシフト・キャンペーンへ一言!

自らつくり出すのは難しくとも選択するのは簡単ですもの。
よいと思う方向に少しでも舵を切り、少なくとも持続可能な社会をみんなでつくっていきたいですね。

 

(2017年4月)