市民アンバサダー

パワーシフト<市民>アンバサダーは

再生可能エネルギーに切り替える

"パワーシフト・キャンペーン" 

みなさんと一緒に

発信していくメンバーです。

<<アンバサダーはこちら>>

 

藤田 理恵子 │ Rieko Fujita

1995年生まれ。神奈川県横浜市出身。IT企業で営業として勤務。 近年の台風や豪雨、猛暑など、気候変動を肌で感じるようになり温暖化について危機感をもつようになる。 温暖化の主な原因は化石燃料を燃やして電気を作っていることであると知り、再生可能エネルギー由来の電気に切り替えることが大切であることを学ぶ。再生可能エネルギーを普及させたいという思いから、パワーシフトの市民アンバサダーに就任。

國分 綾花 │ Ayaka Kunibu

1990年CA生まれ東京育ち。母親/学生。弟のアトピー治療のためオーガニック・添加物フリーのモノに感度が高い家庭で育つ。旅行で訪れたバリ島のビーチクラブの"地球環境への取り組みと人間の心地良さの共存"のコンセプトに感銘を受け空間デザイナーになるべく4月から専門学校へ。脱プラ、動物福祉に配慮したプロダクトへ一つずつシフト中。

西 明子 │ Akiko Nishi

1987年長野県生まれ。長野の小学校教諭を経て、現在は講師。標高1070m、八ヶ岳南麓の築95年の空き家を断熱改修し、2020年5月より快適で暖かいエコハウスで暮らし始める。地域の身近な生き物を子どもたちと観察する「富士見生き物観察クラブ」を主催・運営。子どもも大人も遊んで学べるボードゲームやカードゲームを集めに夢中。

唐牛 ひかる │ Hikaru Karoji

89年生まれ。建築家。

設計の仕事を通し、気候危機について深く考えるようになりました。 環境問題を学ぶ中で、一つ一つの事象は繋がっていると感じます。この先の未来に対して、自分の選択に胸を張っていけるように勉強中の日々です。 パワーシフトをはじめ、ヴィーガン、脱プラ等、日常の中での小さな取組みを大切に、サステナブルな生活を心掛けています。

https://www.instagram.com/ihihikaru/

木村 莉子 │ Riko Kimura

新潟大学3年生。高校1年生次に被爆地の声を世界に伝えるため未来を担う高校生平和大使に就任。さらにすべての動物・自然が今後も平和に過ごすための1つの手段としてパワーシフトに関心をもち、パワーシフト市民アンバサダーにも就任する。

https://www.instagram.com/riko_kimkim/

https://twitter.com/01_riko_kimura

宮崎 由佳 │ YUKA MIYAZAKI

株式会社nico-nachika 取締役

1983年静岡生まれ。2008年から愛媛県松山市で美容室【nico-nachika】をスタート。気候変動などの様々な社会問題を勉強していく中で、自分の選択は自然と変わっていきました。「便利な暮らし」それは誰かや何かの犠牲の上に成り立っているかもしれません。私は、命や資源を大切に、互いを思いやり共存する「心地よい暮らし」を望みます。

https://www.instagram.com/nico_nachika/

入澤 滋 │ Shigeru Irisawa

1975年東京・町田生まれ。3.11をきっかけに自然エネルギー活用・創造プロジェクト「町田電力」に2012年から参加。2016年「まちだ自然エネルギー協議会」2017年「町田市民電力㈱」を設立、市民の手による自然エネルギー100%の街・まちだの実現をめざす。一方、再エネ事業会社「㈱エコロミ」にSEとして従事。妻と子3人の5人家族。合唱好きで十八番は「'O sole mio(私の太陽)」。

https://www.facebook.com/shigeru.irisawa

https://twitter.com/dzimoto_de_eco

https://www.instagram.com/shigeru.irisawa/