7/31シンポジウム「地域でつくる再エネと新電力 ーPPA事業のすすめ方ー」

趣旨:
市場価格高騰や容量市場拠出金開始など、新電力にとって厳しい事業環境を乗りこえるカギは、特徴ある事業と独自の再エネ調達です。
需要家と発電所をつなぐ「PPA(電力調達契約)」が注目されていますが、今回は再エネ新電力を主体として、このしくみの活用を考えます。
パワーシフト・キャンペーンにつながる再エネ新電力から具体的事例を紹介し、今後に向けた課題の抽出や、対処方法などについて議論します。

日時:2024年7月31日(水)14:00-15:30
形式:オンライン(zoom)登録をしてご参加ください
登録 https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZ0kdeqsrTMrGNT6EqB-u3nofzcEhsj9mMzO
主催:パワーシフト・キャンペーン運営委員会
協力:自然エネルギー100%プラットフォーム、市民電力連絡会
プログラム案:
1.地域から考えるPPAと再エネ新電力(総論) 環境エネルギー政策研究所 松原弘直さん

2.再エネ新電力より事例
・UPDATER(みんな電力) 森 拓実さん
・TERA Energy 竹本 了悟さん
・CWS(ならコープ) 戸田 拓也さん

3.「再エネいちば」の提案(鳥取の事例紹介とあわせて)
・市民電力連絡会/とっとり市民エネルギー 手塚 智子さん

4.質疑応答

(終了後15:30からクローズドの意見交換を行います。個別に登録された方のみご参加いただけます。一般の方はご参加いただけません)

※本イベントは地球環境基金の助成を受けて開催しています

(2024年7月4日)