電力会社紹介

自然エネルギー供給をめざすパワーシフトな電力会社

2016年4月から電力小売が全面自由化し、続々と新しい電力会社が生まれています。
これらの中には、自然エネルギーを中心とした電力の供給を目指す会社もあります。

パワーシフト・キャンペーンが重視する点

1.「持続可能な再エネ社会への転換」という理念がある
2. 電源構成などの情報開示をしている
3. 再生可能エネルギーを中心として電源調達する
4. 調達する再生可能エネルギーは持続可能性のあるものであること
5. 地域や市民によるエネルギーを重視している
6. 原子力発電や石炭火力発電は使わない
7. 大手電力会社と資本関係、提携がないこと

紹介する基準

1. 電力会社とパワーシフトキャンペーンで共有できていること
2. 電源構成を電力会社ウェブサイトで開示していること(*1)
 またはパワーシフト・キャンペーンに提示し、開示計画を示していること
3. 再エネ電源を重視することが電力会社ウェブサイトに記載されていること
4. 持続可能性に注目して発電所を選び、「持続可能ではない発電」を使用していないこと
 または部分的に使用している場合は、メイン電源(*2)ではなく、かつ懸念表明および減らす計画の表明があること
5. 実績や計画、方針が電力会社とパワーシフトキャンペーンで共有できていること
6. 原子力発電所および石炭火力発電所との直接契約がないこと
7. ・大手電力会社の子会社でないこと
  ・大手電力会社と共同出資会社を設立していないこと
  ・大手電力会社との提携電力プランがないこと(*3)

*1 電源構成を開示できないやむを得ない事情がある場合その限りではない。その理由をパワーシフトに示すこと
*2 メイン電源:会社の理念として積極的に調達する再エネ電源
*3 地域に便益をもたらし、1~7の重視するポイントの内容を大きく逸脱しない場合は、別途判断することがある

※その他個々の事情により判断することがある

パワーシフトな電力会社一覧

お申し込みの際には、会社によって料金体系や契約内容が異なるため、ご確認をお願いいたします。

こうした「パワーシフトな電力会社」の多くは、資本力や宣伝力で大手と圧倒的な差もあり、また様々な制度上のハードルがあって、運営が厳しい状況にあるということも見えてきています。
ぜひみなさまの「自然エネルギーを買いたい!」という声を発信することで、こうした電力会社の取り組みを応援し、一日も早い一般家庭への供給実現を後押ししましょう!
パワーシフト宣言(自然エネルギー買いたい宣言)
宣言していただいた方には、電力会社の紹介情報などをe-mailでお送りします。